2010年06月26日

「冷房中」

20100626143537.jpg
仕事で佐世保なう。

佐世保市営バスには、覚えている限り1度しか乗ったことないんだが、車内表示が興味深い。「つぎとまります」と「冷房中」が並んでいる。
運賃表の次バス停案内に英語表記が出るのも佐世保ならではか。

2010年05月24日

京急からの移譲車だっけか

20100524124812.jpg
県営バスに乗ったら、中ドアが横開きで、シート配列も珍しい車両だった。
京急から中古を購入したという話をどこかで見た気がするが、この車両のことかな。

2010年05月22日

期間限定で北九州〜大分に高速バス

西鉄プレスリリースPDF

「高速バス」っていうより、半分くらいは一般国道を走るんじゃないのか。
いろいろ調べてみると、この区間は「北大道路」というらしい。かつて路線バスの旅では行橋の先から中津までどうしても路線がなくてJRでつないだ。どうせ一般道を走るのなら、途中も客扱いすればいいのに、それは免許とかオトナの事情なんだろうな。

ともかく、景色に富んだ面白い路線であることは間違いないだろう。つい先日、九州内は特に行きたいところがないなんて言ったばかりだが、ちょっと興味出てきた。北九州の未乗区間にも行けるだろうし。

2010年04月18日

バスヲチの皆さんご来崎。

巡回先ブログのiihsoy999さん電話番さんが長崎にいらっしゃったそうで。

iihsoy999さんは例のキラキラ号に乗車。12日の20時半はどこにいたっけなあ。長崎駅前にこの時刻というのは、個人的に微妙な時間帯で、なかなか狙わないと遭遇しなさそう。
それにしても、大村ボート前から出発して出島道路に入ったとは、どこでUターンしたんだろうか。たぶんそのまま線路沿いに進み、交通局のある八千代町から電車通りへ右折して出たのではないかと思うけど。
東京到着は13:30。長崎空港から飛んだ飛行機も、結構な数の便が羽田に到着できてる頃。
大変お疲れ様でした。

電話番さんはお仕事で長崎入り。
長崎バスの塗装は、もともとは前後扉車が主流で、前中扉車が現れるようになってから、新塗装になったのではないかと。自信ないけど。高校時代はバス通学だったので、少なくともその頃前中扉車に乗った記憶はない。
県営バスの高速型は、ときおり普通の網場行きで来たりして驚く。まだ実際に乗ったことはないけど。昭和バスが中型車なのは、乗客が10人以上乗ってるのを見たことがないので仕方がないのかなと。県営もそりゃ撤退するわな。そもそも長崎市内と壱岐は文化的・経済的にあまりつながりがないので、出かけたと話に聞くのはせいぜい役人の出張くらい。役人も出張するならバスとフェリー乗り継ぎではなくて、飛行機で行くことがほとんどだろうけど。

長崎発の夜行バスは、長崎バスの3路線は制覇したけど、県営バス路線は乗ったことがない。試してみたいとは思うのだけど、自宅から駅前と新地だと、どう考えても新地が便利なので。

最近バスの写真撮ったかなと思ったら、嬉野が出てきた。
嬉野バスセンターの九州号とJRバス.jpg
JRバスは直方行きしか乗ったことがなくて、彼杵と武雄を結ぶ路線は乗ったことがない。九州号があまりに便利すぎるのでw

2010年04月16日

長崎バスの時刻表もらってきた

20100413235844.jpg
新地ターミナルの窓口に積んであったので、一冊もらってきた。

表紙に、また夏に一部路線の改定と注意書き。また夏に同じボリュームの時刻表を発行するということか?

2010年04月05日

県営バスの時刻表もらってきた

20100405222214.jpg
毎年恒例の。

大村・諫早からの高速バスも当然掲載。あれ実物を見かけたけど、空港リムジンと同じバスを使ってて、方向幕は黄緑色。見かけた便については、乗客は数人程度だったけども。
あと、長崎バイパス経由の久山台ニュータウン行きなんてのもいっぱいできてたんだが、これは諫早駅前行きが代わりになくなってるっぽい。

2010年04月03日

「らんらん」のルートが変わってた

長崎市コミュニティバス「らんらん」のルートが4月から変わっていたらしい。運賃も120円に値上げになっていた。知らなかった。
詳しいルート図は公式サイトにて。

従来のルートは「反時計まわり」というほうで、美術館から新地のあいだ以外は従来どおり。
逆まわりができたのは便利だが、内・外でルートが違うのはいかがなものか。観光客にはわかりやすいルートと料金設定をすべし。金沢のいい例があることだし。

2010年03月31日

はかた号プレミアムシート乗車記

もっと秀逸な乗車記は、ネット上のあちこちに転がっていると思うので、手短に。

AeroPrincessさんの巡回先の方が、まったく同じバスに乗ってたらしい。あの、新宿出発後にビジネスシートから移動してこられた方か。たしかに自分の背後で何度かケータイで写真を撮っているのが聞こえた。こちらの撮りっぷりは尋常じゃなかったけど。

hakata_premium01.jpg
この日は続行便が出た。2号車は今までと同じ、通常のシートのみで構成されている車両。

hakata_premium02.jpg
新宿で西鉄ロゴを見かけると不思議な気持ちがする。

さて乗車

2010年03月18日

はかた号プレミアムシートの乗車券

バスいこブログさん北天さんにメモメモされてしまった、先日発券を済ませたはかた号プレミアムシートの乗車券。
いずれ切符展示館ブログのほうにもアップすることになるとは思うのだけど、いいタイミングなのでまずこちらからアップ。日付を晒して迎撃されるのが怖いので、画像には一部加工をしておりますw
ネット上では、京王バス新宿センター(?)で発券したら手書きでビックリした、という画像はあちこちで見かけるけども、福岡側で発券した写真は今のところ見かけていないので、参考になれば。

まずは乗車券部分。西鉄天神バスセンターで発券したので、地紋は黄色い西鉄ロゴ。乗客の名前が表示されることをはじめ、デザインについては楽バス加盟社による夜行バスと変わらない。
西鉄高速バスはかた号プレミアムシート乗車券.jpg
ただ、よく見ると券面に「はかた号」の文字が無い…。バスの便名の部分がそのまま「プレミアム」になっている。乗車区間についても、以前のはかた号であれば「東京→福岡」となっていたのが、「新宿プレ→福岡」となっている。
この1枚目が、あくまで運賃としての「15000円」部分。

よくわからないのが、2枚目の「引換券」。何と引き換えるというのか。上部には「プレミアムシート利用券」とあるので、大文字も「利用券」でいいような。
西鉄高速バスはかた号プレミアムシート引換券.jpg
便名はしっかり「はかた号」の文字入り。楽バスだと、「号」が入ったり入らなかったりするらしい。
こちらが利用券としての「4000円」部分。JRのように、乗車券プラスグリーン料金みたいなものか。

この2枚をホチキスで止めて渡された。裏には「紛失の場合は再発行できません。新たに乗車券をご購入ください」という、当たり前だけど恐ろしい注意書きがスタンプされる。

2010年03月08日

大村・諫早から高速シャトルバス運行へ

諫早、大村−長崎間の高速シャトルバス運行 県営バスが4月1日から(長崎新聞)

これまでも川平バイパス経由の諫早駅前行きはあった。出島道路経由というのがミソか。そういや、これまでなかったなあという路線だ。

長崎発の「長崎駅前東口から中央橋までの7カ所」というのは、駅前東口・桜町・桜町公園前・市役所前・興善町・県庁前・中央橋だろう。出島道路経由なのに新地には止まらないのは、長崎バスに遠慮したのか。
諫早発の「諫早駅前から貝津団地入口までの10カ所」は、ニュータウン経由と思われる。貝津団地入口までということは、諫早ICから乗るということだろう。
次の「大村−諫早間は、」というのは「大村−長崎間は、」の間違いではないかな。「黒丸入口から大村木場までの11カ所」というのは、公式サイトの路線図PDFからはルートがわからない。たぶん中古賀島経由だと思うんだが、それにしてはバス停の数が合わない。

運賃は、諫早線が回数券1枚あたり500円。JRが長崎から諫早まで450円ということで、所要時間はもちろん運賃でも勝ち目はないが、キモは途中区間。これまでバスで動こうとすると、長崎駅前まで直通はあったものの東長崎経由の絶望的な所要時間だ。大村線は回数券1枚あたり600円。これは空港線を考慮したか。

「高速道路を走るため必ず座席に座れる」というコメントがあるが、着席保証はできないんじゃないの。西鉄バスの都市高速経由とは違って、乗客を立たせたまま走らせるわけにはいかないだろう。空港バスの混雑時みたいに、急ぐんなら補助席を使ってでも、という対応かな。

バイパス経由の諫早駅前行きもいつまであるかわからない。今のうちに乗っておきたいな。

2010年03月07日

はかた号プレミアシートの発券は東京と福岡のみ

長崎に到着後、唐津で発券してもらえなかったはかた号プレミアシートの切符を発券してもらおうとカウンターで尋ねたところ、思いがけない答えが。

「プレミアシートは、福岡でないと発券できません」

な、なんだってー!
そりゃ唐津で発券できないわけだ。唐津では、たぶんこれまで発券した例がないから難しかったんだろうと思っていたが、システム的に福岡以外では発券できないとは。長崎の窓口では、タリフみたいなのをわざわざ調べてくれて、長崎での発券が不可であることを伝えてくれたので信用してよいと思う。

なんのために楽バスで予約できるのかわからん。電話予約できたにしても、発券期限の4日前までに福岡や東京の窓口に行ける人は限られている。
今回は、たまたま来週に福岡に行く用事があるので大丈夫だけども。以前、長崎の窓口で買ったときには座席の指定ができたので、今回もそれを狙ってたんだがなあ。

2010年03月05日

キラキラ号が長崎進出

乗り物日記さんより。

キラキラ号福岡・長崎方面というページがががが。
下りが東京17時発、長崎9:40着。上りが長崎20:40発、東京13:20着。所要時間としては、晩年の寝台特急さくらと似ている。片道11000〜11500円ねえ。もうちょっと足せばANA旅割が買える。
キラキラ号は路線バスではなく、あくまで募集方のツアーバス。一般人からしたら違いは全然わからないのだが、ネット上でのいろいろな批評を見ていると、どうも抵抗感がある。

長崎の乗り場は、長崎駅前の大村ボート前。時間があったら、お見送りくらい行ってみようかな。

2010年02月04日

西鉄がネタを大量投下

西鉄のニュースリリース一覧、FireFoxだと正常表示されるんだけど、IEやChromeだと崩れるんだが。ちゃんとチェックされてるのかしら。

よかネットカードの発売終了
西鉄電車や地下鉄では使えるらしいが。西鉄100周年記念カードがまだ新品のまま手元に残っている。1000円カードなので、天神から大牟田まで乗りとおすときに使っちゃおうと思いながらも、なかなかそういう機会がなく。カードの残高を消して返してくれるのなら、払戻しをしてもいいんだけど。西鉄バスもnimoca使っちゃうしな。地下鉄はえふカード残高がまだあるうえに、はやかけんが4枚も手元にあるしな(爆)

ぐりーんダイヤ改正&新ルート
福岡タワーでの長時間停車はどうなるんだろうか。
実は長浜には行ったことがない。ラーメンはいつも交通の便がいいとこばかり。

2月末から昭和バスでもnimoca
昭和バス発行のnimocaができるということでOK?

高速バスの一部撤退など
新聞沙汰になった件。
松山行きって最近運行開始始めたばかりじゃなかったっけ?たしかに福岡から松山へ夜行で行くんだったら、関西汽船使うわな。広々と横になれるし。長崎から仕事終わったあとに乗るには厳しいが。
北九州〜出島線は先日減便されたばかり。西鉄車両は、運賃表が幕式で萌えた。

2010年01月07日

金沢の市内循環バスに混乱する

金沢は初めての街ではないが、あらためて市内観光でもしてみようかといろいろ調べていたら、わけがわからなくなってきた。なので自分でまとめてみる。

最近ではいろんな街で走っている市内循環バス。これが金沢では複数走っているのだ。こういうバスは、特に市内の地理に疎い観光客が移動しやすいようにわかりやすい路線設定をしているはずだが、あれもこれもとしているうちに、結果市外客を混乱させているのではないか。それも自分のような、割と交通網に対して理解をしようとしている人間でさえこうなのだから、一般観光客はなおさらだ。

金沢市内で多く走っているのは北陸鉄道バスだ。厳密にはかなり子会社化されているようだが、ここでは北鉄グループとして一括で考えてみる。
北鉄が運行している市内循環はまず「城下まち金沢周遊バス」がある。これは金沢市内の観光地や繁華街をひととおり網羅する路線。運賃は一般路線バスと同じ200円だが、ICカードのICaは使えない。このバスの1日乗車券は、一般路線バスにも乗れるというのは便利だ。
同じく北鉄が運行している市内循環で、城下まち金沢周遊バスよりルートを単純化したものが「兼六園シャトル」。こちらは運賃100円で、何故かICaは使える。運行は土日祝のみ。城下まち金沢周遊バスの1日乗車券も使える。
夜になると「ライトアップバス」が運行される。車両は城下まち金沢周遊バスと同じようだが、ルートがまた違う。運賃200円、ICa不可。城下まち金沢周遊バスの1日乗車券は不可。現金か、これ専用の1日乗車券が必要。

一方、行政の三セクが西日本JRバスに委託して運行しているのが「まちバス」。路線は兼六園シャトルとよく似ている。歴史的には、兼六園シャトルのほうが後発。運賃100円で、北鉄ではないのでICa不可。運行は土日祝のみ。

さらに金沢市が運行している「金沢ふらっとバス」。ルートは4つあって、路線図はもはや複雑怪奇。運賃は100円。4ルートのうち3ルートは北鉄運行なのでICa可、もう1ルートは西日本JRなのでICa不可。

金沢のバス.jpg
ハードディスクを振り返ったら、2004年に金沢駅前で撮った写真が見つかった。城下まち金沢周遊バス(右)と北鉄の路線バス。左端に西日本JRバスの青い車体が。

2009年12月19日

はかた号の新型車両が公開されたらしい

AeroPrincessさん経由で、ワシントン窟さんより。

すべてのキング好きに捧ぐ

自分がキング好きなのかどうかは置いといて。
さすがに写真だけだと、違いがハッキリとはわからない。最初はナニこの格差社会wとか思ったけども。単に新車だからかな。
写真に写ってるエコノミーシートの一席、目の前がモニターなんだけど、これ14時間眺め続けるのはしんどいな。プレミアシートには興味ある。テレビは自分には必要なさそう。
はかた号って、夜行バスのくせに、長崎からだと乗るまでに半日、夜が明けてからも半日かかるのでね。

ラストに現在のはかた号もあるが、自分が乗ったときよりさらに車両が違うな。

2009年11月08日

外大でハングル検定受けてきた

20091108123220.jpg
春に4級を受けて楽勝wとか思ったので、今回3級を受けたらリスニングが絶望的にわからなくて涙目。これは駄目かもわからんね。

外大は公共交通機関の便があまり良くなくて、打坂バス停からたっぷり10分歩いた。横尾中央が近いみたいだが、便が少なくて運賃が高い。
このスクール便に乗れたら便利だったのになー

2009年10月15日

11月から鹿児島行き高速バスが運行

長崎−鹿児島「ランタン号」(長崎県営バス)

たしか一ヵ月くらい前の長崎新聞の県議会一問一答みたいな欄で、県交通局の話題として突如この路線が議題に上がってたのを読んで驚いた覚えがある。
11月から運行開始。宮崎線に続く、SUNQパス対象外路線となった。宮崎線は、相互乗り入れの相手は宮交しか考えられなかったが、鹿児島線はどうなるのかと思ったら、南国交通とのこと。それにしては、南国交通のホームページには、現時点ではまだ何の情報もない。そうかあ、だったら長崎側が長崎バスなら、似たような塗装だったのになw 南国交通が長崎の街を走っていても、あまり違和感ないかも。
それにしても、片道5時間半とは…。

今日の長崎新聞によれば、ORCと提携したパックの設定があるという。これは面白い!鹿児島行きは高速バス、帰りの長崎行きは飛行機。空港の食事券1000円分がついて15000円は破格。高速バスの往復が11000円ということなので、4000円プラスすれば鹿児島での滞在時間が数時間も伸びる上、座席に拘束される時間は9割減。
惜しむらくは、これが日帰り限定で、かつ受付が2週間前までということ。あと、鹿児島と長崎両方での市内〜空港アクセスはこの料金に含まれていないだろう。そしてORCの長崎着は21:10。こんな時間に長崎空港の「指定飲食店」って営業しているのかね?

この高速バス路線ができるからなのか知らないけど、ORCの鹿児島線って11月から1往復に減便されちゃうんだな。だから行き飛行機・帰りバスという日帰りパックは成立しないのか。

ちなみに楽バスではまだ予約できないみたい。11月1日、さっそくバス&ORCで往復してみようかなあ。

2009年09月15日

高速バス王国、涙目

高速無料化 まず北海道・九州で 来年度、ダメージ最小限と判断(産経)

個人的には、高速道路無料化にはもともと懐疑的。しかし、いよいよ北海道と九州から段階的に始めていくようだ。今のところ、産経しか報じてないっぽいのがちと気になるが。
九州は西鉄をはじめとした高速バス王国。県都に限らず、多くの都市間を結ぶ路線が設定されており、SUNQパスによって九州内ほぼ全てのバスに乗り降りできるコンセンサス。高速道路無料化による自家用車の増加で、渋滞は起きるわ、乗客は減るわ。あまり嬉しくない。

ところで、高速道路が無料になれば、高速バスを運行する側としては「通行料」というコストが減るので、そのぶん運賃を下げたりするんだろうか。西鉄が「高速道路1000円対抗割」というロコツな割引制度が始まったりしているが、これはどうもそれとは違う印象。

2009年08月10日

ハングルデザインのバスがいた

20090810141913.jpg
韓国に行き慣れれば、街を行くバスにハングルが書かれていたって気にならない。
乗ったバスの車窓からこのバスが見えたときも、最初はあまり気に留めなかった。よく考えて「ここ長崎じゃん!」と。

端に九州産交の字があった。モードツアーというブランドを仕立てて、それ用のバスを運用してるのかも。

2009年07月17日

九州内夜行バスがひとつなくなる

福岡〜宮崎線 高速バス「フェニックス号 夜行便」運行休止のお知らせ (西鉄PDF)

SUNQパスでの心強い宿代わりだったのだが残念だ。とはいえかつて一度乗っただけであったが。
そんなに需要がなかったのかなあ。夜行便だけ北九州発着だったのは謎だったが。

残る九州内の夜行バスは、福岡〜鹿児島と鹿児島〜大分だけ。個人的には、後者にそんなに利用者がいるのか気になる。昼行便さえ1日1往復しかないのに。この2路線はどちらも乗ったことがないので、いずれ。