2011年10月02日

北九州〜大分の高速バスがひっそりと姿消す

高速道路をあまり走らない「高速バス」として、乗ってみたいなと以前から思っていた「北九州〜大分」の試験運行が9月いっぱいで終わり、どうも「やっぱり採算とれないな」との結論に達した模様。運行開始のプレスリリースPDFはまだネット上に残っているけども、西鉄高速バス一覧ではすでに「無かったこと」になっているようだ。

この区間をバスは3時間かけて走るが、並行するJR特急なら半分の1時間半くらいで着いてしまう。運賃を考えたとしても、一般客が選択する理由はあまりなかったのかもしれない。

北九州・大分2.jpg

北九州・大分1.jpg
運行期間残りわずかとなった9月下旬の門司で、西鉄バス車内の掲示や車外広告でまだバリバリ宣伝してたんだが、さすがにもうはがしたんだろうか。

ゆけむり号より、こちらに乗っておけば良かったなあ。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック